今話題になっている不動産投資や賃貸経営|情報収集ステーション

花

回収するには

アパート経営の投資金額と利回りについて

土地活用において、古くから行われているのが、そこに家を建てて貸し出すというものです。現在では貸家は少なくなり、アパートまたはマンションといった集合住宅が中心になっています。その中でもアパート経営はマンションなどの大規模建築物を建てるのに比べて初期投資費用が低く参入のし易い土地活用法といえます。 アパート経営を新規で行う場合の相場としては、1Kで1戸あたり330万円から350万円程度といわれ、6戸であれば、1980万円から2100万円程度と言われます。これは一般の住宅を建てるのとそれほど変りないものです。 また投資した金額に対しての利益である利回りに関しては、立地にもよりますが、上手く経営できた場合には8%から12%と高い水準にあり、投資費用の回収に10年程度で行えます。

アパート経営の傾向と今後について

近年は地震対策の関係から鉄筋コンクリートで作られたマンション経営が人気ですが、それでもアパート経営は単身者や低所得者向けに需要があるため、新規のアパートもマンション以上に多く建てられています。アパート経営のメリットとしては、マンションほど大規模な土地が必要ないという点であり、また資産性が高く融資が多く受けられるという利点があります。 ただし、アパート経営ではあくまでも事業であるため、空室による収益の低下や管理の問題など、個人が行うにはややハードルが高いものとなっています。そのため管理業務を不動産会社に委託したり、一括借り上げを利用して煩わしい管理一切を任せてしまうといった方法も広く使われているようになっています。