今話題になっている不動産投資や賃貸経営|情報収集ステーション

花

海外旅行を効率的に

新しい宿泊のシステムAirBnB

AirBnBとは、海外では盛んに行われているホスティングサービスのことです。簡単に言ってしまえば、自分の自宅の一室を旅行者のための宿泊施設として提供することを可能にする、提供者と旅行者をマッチングさせるサービスです。 部屋の貸し手には一定の収入が入り、借り手は安価に宿泊できるので双方にメリットがあります。また、普通の家に宿泊することでその国、地域の日常が楽しめると世界中の旅行者に多くの支持を得ているのが、AirBnBです。 日本でも、自分の部屋の情報をサイト上に公開するだけで貸し手としてAirBnBを利用することができます。言葉の壁や旅行者とのトラブルが心配な人にはAirBnBの運営代行をしてくれる会社もあります。運営代行会社はシェアハウスやゲストハウスの運営を手掛けている会社が多く、ルームマッチングのノウハウが蓄積されているので安心して任せることができます。

宿泊施設のマッチングサイトAirBnB

AirBnBのシステムは、AirBnB登録者同士が不動産・施設の貸し借りを行うことができるという点が特徴です。 貸す側をホスト、借りる側をゲストと呼び、どちらのユーザーも個人情報を明らかにします。そしてホスト側は、どのような施設か、そしてその写真や、一泊あたり幾らで貸すことにしているか、そして周辺地域の情報など、詳しく登録することになります。ゲスト側は宿泊したい施設を選び、AirBnBを挟んでホスト側に質問したり、借りたい旨のエントリーを行います。どんなゲストに貸すかを、ホストは選択することが出来ます。 AirBnBへの物件登録自体は、オンラインで無料で行えます。こうしたマッチングの手軽さから、世界で多数の国・地域の施設が提供されているのです。